春の椿事(?)

 
 とても珍しいことですが、今週は今日で6日目の更新となります。こんなに続けて書いたのは何か月ぶりでしょう?またいつ途絶えるかは分かりませんが、お付き合いいただければと思います。
 
 さて、「意外なこと」、「思いがけないこと」を表す日本語に「ちんじ」という言葉がありますが、これには「椿事」と「珍事」の二つの表記があります。多くの場合、漢字が異なれば原義が違い、そのため中国語でも微妙に意味合いが異なってきます。先日の餃子会でも「辞典」と「字典」の違いが話題にのぼりましたね。・・・となると、「椿事」と「珍事」にも違いがあるのではないかと考えたくなるのが人情でしょう。そうして、生真面目な中国語学習者はここで中日辞典を手に取るはずです。私はずぼらな人間ですけれども、ブログを書く手前しぶしぶ辞書を持ち出したとお考え下さい。そこで驚いたことは、「椿事 chun1 shi4 」も「珍事 zhen1 shi4 」も、どちらも手許の辞書に用例がないということです。さらに驚いたことには、「思いがけないこと」という意味で使われるのは両字とも日本語の場合だけらしいのです(大修館刊『新漢和辞典』(携帯版)、1982年)。
 
 更に、「椿事(ちんじ)」は「事(とうじ)」の誤用と知れば、これこそまさしく思いがけない事実であると言えますね・・・(詳しくは同書p.471「樁」の項をご参照下さい)。
 
 日本語もまだまだ奥が深そうですが、明日(5月1日・金)の餃子会では、もちろん中国語の学習が待っていることに疑いありません。明日は自由が丘でお会いいたしましょう。
 
 
 
広告

花面狸~おまけ~

 
 ハクビシンで驚くのは、辞書にこうあることです。
 

   「料理材料にもなる。」(小学館刊『中日辞典』初版、1992年)

 さらにびっくりするのは、この記述でしょう。
 

   「肉味美 rou4 wei4 mei3 」。(商務印書館刊『現代漢語詞典』、1972年)

 むむむむむ・・・。流石は中国です・・・。
 

花面狸

 
 餃子会のメンバーが一番多く住んでいる地区はどこでしょうか。それは目黒区内ではありません。何と世田谷区のD地区です。G太太、H太太と私の三人がこの地域に住んでいます。これはなかなか不思議な偶然です。
 
 ところで、先日このD地区でびっくりすることがありました。ウチから2ブロック先で見たこともない小動物に出くわしたのです。わずかに茶色がかった黒い胴体はずんぐりしていて、イタチみたいに鼻先がとがった顔のおもてには縦に一筋太い白い線が入っていました。猫のようにのそりと道路に出てきたかと思うと、昔の虫プロのムーミン・トロールよろしくてけてけとアスファルトの上を駆けて、向かいの生垣に消えていきました。どうやらハクビシンのようです。こんな住宅街に棲みついているのでしょうか。ちょっとびっくりです。
 
 ところで、ハクビシンは中国語で花面狸 hua1 mian4 li2 と言うのだそうです。お顔に模様の入ったタヌキさん。なるほど、確かにその通りでしたよ。
 
 

餃子会の探し方~その②~

 
 インターネットで探し物をする時に、google等の検索エンジンはとても役に立ちますよね。ところが、以前「餃子会」の語で検索しても餃子会のページにたどり着くことは出来ませんでした。これは、餃子会が間借りしているMSNの方で、店子のページが検索に引っ掛からないような設定をあえてしていたのではないかと想像しています。ところが、この頃では検索結果に「餃子会」のページも出てくるようになりました。試しにgoogleで「餃子会 中文 自由が丘」と入力すると、このブログがトップに出ます。これで url を忘れても、いつでもここにたどり着けるようになったと言う訳です。
 

餃子会の探し方

 
 前回(4月24日・金)初参加のB小姐ですが、既存のメンバーからすると少々意外な方法で餃子会の存在をお知りになったようです。目黒区のウェブ・サイトには区内で活動している団体を紹介するページがあるのですが、何でもそこから検索してやって来られたのだとか。確かに、「中国語」をキーワードに検索すると餃子会が表示されるようになっています。知らない間に餃子会の名前が知られるようになっているのかも知れませんね。
 
 なお、下の画像は検索結果をコピーしたものです。上から2番目に餃子会の紹介がありますよ。
 

 

昨日の餃子会

 
 昨日(4月24日・金)の餃子会は、久し振りに大きな出来事がありました。参加ご希望の方が見学にいらっしゃったのです。今月の初めにS代表からそのお話をお聞きして以来、ちょっぴりどきどきしながらこの日が来るのを楽しみにしていました。初めてお会いしたB小姐は、控え目でありながら凛とした態度が清々しい方で、脱線しがちな餃子会のまったりムードも笑顔で気持ちよく受け入れて下さっているようでした。まとまりのないお話の中に2時間もお引き留めすることとなりましたけれども、退屈なご様子もお見せにならずに熱心にご参加下さいましたことに感謝いたします。是非また次回も当会に足をお運び下さって、楽しい時間を共に過ごせればと思います。 今回ご欠席のZ太太に来週ご紹介できますことを今から楽しみにしています。
 

托业

 
 先日、托福 tuo1 fu2 のお話をご紹介しましたが、TOEFLの話が出ればTOEICは避けて通れません。ところが、面白いことにTOEICには二つの名前があるようです。一つは托业 tuo1 ye4 で、もう一つは托益 tuo1 yi4 です。どうやら大陸では前者を使い、台湾では後者を使用しているみたいですね。もともとTOEICは International Communication のためのテストなのですけれども、同じ中国の中のコミュニケーションはやや複雑なようです。
 
 さて、明日(4月24日・金)の餃子会は八雲での開催となります。お間違えのないようご注意下さい。
 
 

前へ 過去の投稿