「がんばれ!宮崎県」フェア

 
 自由が丘の「とうきゅう」はいつも混んでいてお買い物をするにもちょっと躊躇します。
 
 特にレジの混雑はうんざりする程で、短気な私などは、何度買い物をあきらめたことがあるか知れません。
 
 勿論、ここ何年かの改善は素晴らしく、例えば二重レジ化やレジ係の方の対応改善のお蔭で、随分様子が変わりました。
 
 そんな訳で、「とうきゅう」でのお買い物も最近ではそれ程苦痛ではなくなりましたね。
 
 実は今日(2010年5月31日・月)も太太と連れ立って出掛けたのですけれども、そのお目当てはグループ各店で実施している「がんばれ!宮崎県」フェアでした。
 
 連日ニュースで採り上げられている家畜の伝染病禍で、宮崎の皆さんも大層お困りと伝え聞いています。
 
 無力な私達に出来ることなどありませんが、たとえ小さなお買い物でも、作り手の方を応援することくらいにはなるに違いありません。
 
 倹約家にはちょっと贅沢でしたけれど、幾つかの特産品を買って帰ることにしたのでした。
 
【ステークホルダー向けとは言え「消費喚起」が目的とコメント
た社長さん[時事通信]のセンスにはがっかりですけれどもね。】
 
 
広告

ひんやりとした一日

 
 今日(2010年5月30日・日)は、ひんやりした一日でしたね。
 
 私は頼まれた仕事があったので、ほとんど一日おうちで過ごしましたよ。
 
 お蔭で、ちょっと運動不足です。
 
 明日は身軽に動き回れるといいのですけれども。
 
【とは言えそれでも咲く花は花です。】
 

昨日(2010年5月28日・金)の餃子会

 
 珍しいことですが、昨日(2010年5月28日・金)の餃子会には、Y先生がご欠席でしたよ。
5月28日(金) 自由が丘 参加者9名 中訳問題で議論あり。
 そんな訳で、昨日の餃子会の欠席者はY先生とB小姐、そして来週から参加予定のY太太のお三方でした。
 
 さて、最近では好例となった、S代表の中訳問題ですが、今回はいろいろな勉強が出来ましたね。
 
 千万 qian1 wan4 の用法やら、不要 bu2 yao4 le の関係やら、最後にはZ先生の豆知識まで飛び出して、なかなか多彩でしたよ。
 
 新しいCDのつっこみどころも分かってきたので、こちらも楽しく使えそうですね。
 
【夕暮れに溶ける紫の色は夕空と夜空の境目の色に似ていますね。】
 
 

明日(2010年5月28日・金)の餃子会

 
 今日の東京は日中酷い雨になりましたね。
 
 私は屋内にいましたから特に困りませんでしたが、外出中の方は大変だったことと思います。
 
 幸い、予報では明日(2010年5月28日・金)は好天のようですから、餃子会にも好い日となりそうです。
 
 自由が丘でお会いしましょうね。
 
 

【日暮れ時の多摩川台の日陰の様子です。】

 

アベックとカップル

 
 アベックなどという言葉はもう使わないと指摘されたのは、かれこれ10年近くも前のことです。
 
 確かに、注意して聞けば多くの人はカップルという語を用いているようでした。
 
 私の四半世紀前の日中辞典は、アベックもカップルも同じ情侣 qing2 lv3 という訳語をあてていますが、これも古さの現われかも知れません
 
 とは言え、10年の歳月が過ぎたとしても、気恥ずかしさは相変わらずのカップルという言葉です。
 
 
【仲好しのワカケホンセイインコを見てふいに思い返したことでもあります。】
 

奥沢ロール

 
 餃子会のメリットの一つに、自由が丘の耳より情報をゲット出来ることがあります。
 
 先々週でしたか、お持ち帰りスウィーツのお話が出た際に、G太太がご紹介下さったのが奥沢ロールでした。
 
 奥沢ロールは、旧ツタヤ自由が丘店の並びの先に比較的最近出来たビルの地下に入っているTOKYO SWEETS FACTORYの看板メニューであることは言うまでもありません。
 
 ただ、ちょっと資本のある法人が、ドンと構えたお店という感じがするものですから、遠目に様子を伺いながら、最近まで何も買わずに過ごしてきたのです。
 
 しかしながら、餃子会のトレンド・リーダーであるG太太のご紹介があった以上、無視することは出来ません。
 
 この週末に太太と一緒に偵察に行ってきましたよ。
 
 奥沢ロールはたっぷりの生クリームをスポンジでたった一巻きしただけの、シンプルで贅沢なロールケーキでした。
 
 軽くてフレッシュなクリームがとても心地よかったですよ。
 
 ただ、食器選びにもう少し慎重になるなら、サロンももっと快適だったに違いないと悔やまれますね。
 
【松の向こうの陰が何の木によるものなのかはもう判然としませんね。】 
 

ハンチング

 
 先日(2010年5月21日・金)の餃子会には、S代表が珍しくハンチングをかぶってご参加でした。
 
 黒のメッシュにアクセントの白が鮮やかなお帽子でしたよ。
 
 おニューですかと尋ねると、昨年お買い求めのものとか。
 
 ・・・失礼しました。
 
 ところで、ハンチング帽の中国語は、ちょっと厄介そうですね。
 
 手許の小学館『日中辞典』には、猎帽 lie4 mao4 鸭舌帽 ya1 she2 mao4 が紹介されています。
 
 前者は、IME(ウィンドウズに付いてくる文字入力ソフトで、中国語にも対応しています。)で一発変換出来ませんし、googleの検索結果も地味ですが、ハンチング帽という意味で使われているようです。
 
 一方、後者は、IMEで問題なく変換できるだけでなく、googleでも見出し語として検索出来、使用頻度はすこぶる高いことが分かります。
 
 ところが、検索結果を見る限り、どちらかと言うと野球帽の意味で使われることの方が多いようです。
 
 私の小学館の辞書は初版が23年も前のものですから、四半世紀の間に用法が変化したのかも知れませんね。
 
【太太が五本木の菓子舗「スリール」でクリーム・パンを買ってきましたよ!】
 

前へ 過去の投稿