明日(2010年6月10日・金)の餃子会

 
 今週はこのブログも大して更新できないうちに一週間が過ぎてしまいましたね。
 
 さて、明日(2010年6月10日・金)の餃子会も自由が丘での開催となります。
 
 また明日お会いしましょう。
 
 
【先月こっそり富士吉田に行ってうどんを食べたのは秘密です。】
 
広告

一昨日(2010年06月4日・金)の餃子会

 
 一昨日の餃子会は、久し振りに自由が丘2階の小さい部屋での開催となりました。
6月4日(金) 自由が丘 参加者11名 第2会議室は満席。
 長期欠席中のB小姐を除く全ての常連メンバーが参加したため、お部屋はほぼ満席状態でしたね。
 
 新しいCDにも挑戦しましたが、今回一番の話題はB太太の韓国旅行でしたでしょうね。
 
 お友達と楽しい小旅行を体験していらしたB太太を皆でうらやんだ会となりましたね。
 
【多摩川駅の改札を出てすぐの多摩川台の公園入り口の様子です。】
 

明日(2010年6月4日・金)の餃子会

 
 気温は上がっても乾燥しているせいか、比較的過ごしやすいこの頃ですね。
 
 朝の冷たい外気に触れるたびにそう感じます。
 
 ウチの太太などはしばしば「高原みたいだ」と評していますが、これはなかなかよい表現のように思えますね。
 
 さて、明日(2010年6月4日・金)の餃子会は、自由が丘での開催となります。
 
 先週お休みになったY先生や、今月から本格参加のY太太もご出席になるでしょうから、またまた賑やかになりそうですね。
 
 今夜はゆっくり休んで明日に備える必要がありそうです。
 
 それでは、明日お会いしましょう。
 
【多摩川台の石垣に小さな花が浮かぶようにして咲いていましたよ。】
 

ゲゲゲの女房のご主人

 
 いつでしたか餃子会でも話題になりましたが、今期のNHKの朝の連続TVドラマはなかなかのデキのようです。
 
 今週は女房殿ご懐妊の一件で少々どんよりしたドラマ運びとなりつつあるようですが、誠意と真心とで重なる波瀾を乗り越える様は連ドラの王道を行くもののように思えます。
 
 思い返せば、「だんだん」にしろ「つばさ」にしろ、いつまでも引きずる長いわだかまりで観る者の気持ちを重くさせ、そうかと思うと、思い付きとしか思えないドラマの急展開で視聴者の目を幻惑させて、どうにかこうにか半年の長丁場を乗り切ろうとする姿勢にげんなりした人も多かったと思います。
 
 現にウチでは「ウェルかめ」の視聴を断念しました。
 
 時間変更やら、国民的漫画作家の投入やら、かなり無理のある幼年期の回想やらで、力いっぱい観てもらう努力をしたNHKですが、今のところの成功は、無理なく安心して見続けることが出来るドラマ作りの心地よさに原因があるように思えてなりません。
 
 この先も、奇をてらわず、楽しい物語を続けてほしいと思います。
 
 ・・・おや、本当は登場人物の水木しげる氏について書こうと思ったのに、つい番組の感想を記してしまいました。
 
 それだけ思い入れを持たせる連ドラということなのでしょうね。
 
 ご寛恕下さいな。
 
【水面をのぞく花影は自惚れを映すとか。】
 

メロン漬け

 
 自由が丘に店舗のあるスーパーの「キミサワ」は、元は静岡県のお店らしく、普段から静岡県産の商品をいろいろ取り揃えていてなかなか気骨を感じさせられます。
 
 この週末には静岡の特産品をワゴンに並べて特売をしていましたが、その中にメロンのお漬物がありました。
 
 珍しいのでつい買ってしまいましたが、小粒ながらもほんのり香る甘い香りはまさしくメロンで、かりりとかじった口の中にもやさしい果物の味が広がります。
 
 太太などはアルコールにも合いそうだと喜んで食べていましたよ。
 
 機会があったらお試し下さいね。
 
 そうそう、メロンは中国語では甜瓜 tian2 gua1 ともいうそうです。
 
 何とも美味しそうな名前ですね。
 
【多摩川台から武蔵小杉を臨むと違う街にいるように感じます。】