にわかしまらー

 ファーストリテイリング社とは違った路線でリーズナブルな衣料品を市場に提供する「しまむら」は、残念なことにウチの近所にお店がありません。

 押しつけがましいところがなくてただ楽しい気持ちにさせてくれるTVのCMを観るにつけ、長いこと一度行ってみたいものだと思っていましたが、昨年になって因島にも店舗があると分かりました。

  それ以来、条件が揃えば、必ず帰省した時に行っています。

 忘れ物や足りない物を補充するというばかりではなく、出掛ける前から「しまむら」頼みでパッキングすることもしばしばです。

 さて、因島のお店は中庄というところにあるのですが、昨日もちょっと寄ってみましたよ。

 祝日ということもあって、沢山のお客さんがいらしてましたね。

 これからも因島でのお買い物を支えていってくださることを願っています。

因島北部にある大浜灯台

【「しまむら」の写真がないので、島北部の名所「大浜灯台」の画像を載せておきますね。】

広告

珍しいこともあるものです

 今日は何とキジを二度も見ました。

 最初は因島中西部にある田熊町の人家まばらな山の斜面で築地の上の道路を走りながら横切って行きました。

 次は北東部の大浜町で、みかん畑を縫うようにつなぐ農道脇からばたばたと飛び立って向かいの畑のどこかに身を隠しました。

 昨年より急に遭遇回数の増えたキジですが、子どもの時分には一度しか見た覚えがありません。

 昔に比べて、キジが人前に出るようになったからか、それとも私がキジの縄張りに入ることが増えたからなのか、その理由は明らかではありません。

  とは言え、私にとってはとてもどきどきする愉快な体験ですから、その理由がどうであれ、これからも続いて欲しいことではあります。

田熊から青影に向かう山道から南西を臨む

【最初にキジを見た現場付近。田熊町の山道です。】

旧市役所とパン屋さん

 昨日、用があって旧因島市役所(現尾道市役所支所)に行ったのですが、ちょうどお昼だったせいもあり、焼きたてパンの巡回販売車が来ていました。

 何でもアメリカ人の職人さんが焼いているとか。

 どんなパンなのか、何故因島で米国人なのか、いろいろ興味が湧きましたが、時間がなくて見に行けなかったのは残念です。

 今度行くときはしっかり偵察したいものですね。

因島公園から土生の街を臨む

【因島公園の高台から島の南西部を見たところです。右の方に小さく写っている黒っぽい建物が旧市役所ですよ。】

第一の印象

 因島に帰って一番に感じたのは、小鳥の姿が目立つことです。

 巣作りを始めたツバメや天高くさえずるヒバリ、上手に歌えるようになったウグイス等、何だか元気いっぱいに春を楽しんでいるみたいです。

  午後からは生憎雨になりましたが、止むたびに声を聞けましたよ。

因島の自宅前で羽を休めるツバメ

【このツバメは実家の軒下に巣を作っているようです。】

863.4km

 今日は広島県の尾道市因島に着きました。

 ここは私の郷里で、この旅の目的地です。

 二日で帰れるかどうか心配でしたが、何とかたどり着けましたよ。

 この二日間の走行距離は863.4kmとなりました。結構走りましたね。

道の駅「関宿」のYBR

【四日市の少し先にある道の駅「関宿」でお昼ご飯を食べました。】

10時間の旅

 昨日の予告通り、旅に出ました。

 今日は愛知県の岡崎にいます。

 YBRで10時間掛かりましたよ。

 さてさて、明日はどこまで行けるかな。

バイクステーション岡崎のYBR

【バイクステーション岡崎は、バイク用ガレージが付いている変わったお宿です。】

次回(2011年4月29日・金)の餃子会はお休みです

 次の金曜日は「昭和の日」で祝日ですから、餃子会はお休みになります。
 
 自由が丘にお見えになっても、無駄足になりますので、ご注意下さいね。
 
 そうそう、餃子会がお休みになるということもあって、私も暫くお出掛けして来ようと思います。
 
 ひょっとすると、このブログもお休みしがちになるかも知れませんが、ご寛恕下さいね。
 
新宿御苑のフランス式と英国式の庭園の境目付近にある福禄寿
【フクロクジュがやさしい色合いの花を付けていますよ。】

前へ 過去の投稿