東京から尾道まで下道で走るためのヒント⑥

【静岡編-その2-】

 昨日、R1の道の駅「宇津ノ谷」(うつのや)についてご紹介しましたね。

 今日になって重大な情報を書き漏らしていましたことに気が付いたので、改めてお伝えします。

 道の駅「宇津ノ谷」は、下り方面にはちゃんとした食堂が併設されていますが、上り方面では少々条件が異なるようです。

 私が初めて「宇津ノ谷」を利用した時は、往路で味をしめたので、復路でも同じ幸せを味わえるとかたく信じていました。

 (浜松と静岡の間にある)掛川バイパスの立派な道の駅もスルーして、「宇津ノ谷」を目指したことを今でも覚えています。

 ところが、驚いたことに、上り路線側の「宇津ノ谷」には、うどんやらお蕎麦やらの簡単な食事しか用意されていなかったのです。

 これには本当に幻滅させられました。

 それ以来、「宇津ノ谷」と言えば下りと心に決めている程ですよ。

道の駅「宇津ノ谷」(下り)に停車中のYBR125G

【道の駅「宇津ノ谷」には二輪車専用の駐車エリアはないようですから、工夫して停める場所を見付けましょう。】

広告

東京から尾道まで下道で走るためのヒント⑤

【静岡編-その1-】

 R246を使うにしろ、R1で下るにしろ、大体3時間も走れば、R246なら道の駅「ふじおやま」、R1なら道の駅「箱根峠」で一休みできるでしょう。

 出発時刻にもよりますが、多くの人は、ここでランチを食べるとすると、少々気が早いように感じるのではないでしょうか。

 地図をパラリとめくれば、そう遠くない場所に道の駅「富士」がありますから、ここまで行って一息つこうと考えるのは、とても適切なことのように思えます。

 ところが、これはあまりお勧めできることではありません。

 と言うのも、R1沿いにある道の駅「富士」は、少なくともその下り路線側には、簡単なうどんやそばを食べるだけのスペースしかないからです。

 しかも、多くの場合、神奈川県から静岡側にアプローチすると、山越えの際に想定外の雨に降られます。

 合羽を着たり、雨に濡れたりして、気持ちが随分しょげている時、「富士」に着いたら気晴らしをしようと自分を奮い立たせるに違いありません。

 しかしながら、道の駅「富士」の下り線には、身体を休める場所は皆無と言っていいでしょう。

 しかも、食べられるものはとても簡単な軽食だけで、悪くすると、座って食べる場所さえ見つけられないかも知れないのです。

 そこで、私の提案は、早めに小山や箱根峠でしっかり休憩を取って、次のお休みは道の駅「宇津ノ谷」(うつのや)にするというものです。

 静岡市街をかすめた先にあるこの道の駅には、ボリュームがあって、且つリーズナブルな定食が沢山用意されているのですよ。

 最もお手頃価格な「さんま定食」は、でっかいサンマの干物が二枚も付いて、500円とお買い得です。

 すべての定食が、お代わり自由というところも、はらぺこライダーには見逃せないところですね。

道の駅「宇津ノ谷」のさんま定食

【店内はそんなに広くはありませんが、清潔ですし、ゆったりし過ぎないのは、旅の緊張感を保つ上でも大切なことです。スタッフの方が皆さん親切なのも、嬉しいことですね。】

台風2号

 週明けの関東地方の天候への影響が心配された台風2号でしたが、今夜のうちに温帯低気圧に変わったのは幸いでしたね。

 実家の母に電話で聞いてみたところ、因島ではそれ程、激しい風雨は感じなかったそうですが、突然の暴風雨には、誰でも驚かされるでしょう。

 雨やら風やらが、早く落ち着くことを祈るばかりですね。

楽しみなお土産

 昨日の餃子会では、Xi太太から上海とその周辺を旅行なさった際のお土産をいただきましたね。

 皆で食べたお菓子のほかに、私に一つ託されたものがあります。

 それは小さな中国語の「成語」集です。

 使って便利なフレーズが、シーンごとに簡潔にまとめられている、なかなか手頃な教材ですよ。

 早速次回の餃子会から使ってみたいと思います。

 Xi太太のお心遣いには、心から感謝していますよ。

 

今日(2011年5月27日・金)の餃子会

 今日の餃子会には12名の方がご出席になりました。

 現在の常連さんが全員参加したことになりますね。

 久し振りにお会いした方も多かったので、今日はおしゃべりが中心の会となってしまいました。

 Xi太太から、中国語を交えて、上海周辺の鉄道事情についてお聞きできたのが、今回の勉強の柱といったところでしょうかね。

 そうそう、残念ながら、予定されていたワインはおあずけとなりました。

 再来週に改めて実施することになったようですよ。

 私がこっそり自由が丘まで歩いていったことは、内緒にしておいて下さいね。

明日(2011年5月27日・金)の餃子会

 明日の餃子会は、いつも通り自由が丘での開催となります。

 いつもと違うことがあるかと言えば、私が、バイクではなくて歩いて会場に向かうということでしょうか。

 と言うのも、明日はY先生が、とっておきのワインをこっそり味見させて下さるのだそうです。

 香りだけたのしんでバイクで帰るというのも何だか淋しいので、徒歩での参加を決めたという訳ですよ。

 ご出席の皆さんも、楽しみにしておいて下さいね。

ねずなきするにをどりくる

 日本では随分昔から、可愛らしいものの代表例とされているスズメですが、私がチ、チ、チ、と声を掛けても、一向に踊り来る様子がないのは甚だ遺憾に感じてきました。

 ひょっとすると、私の「ねずなき」のやりようが違っていたのかと、その度ごとに反省をしてきたのです。

 ところが、先日、江東区の清澄(きよすみ)庭園に行った際、人影に驚かず、むしろ親しげに近寄ってくるスズメがいるのに出くわしました。

 その原因は、残念ながら判然としません。

 しかしながら、平安の女房たちも、こんな風に小鳥を見ていたのかと思うと、少しドキドキしましたよ。

清澄庭園のスズメ

【なれているのか、なめているのか分かりませんが、清澄庭園のスズメは、肝が据わっているに違いありません。】

前へ 過去の投稿