中目黒は七~八分

 今日は少し時間があったので、目黒川で桜を眺めました。

 中目黒だけですけれどもね。

 見たところ、まだ満開には時間があるようで、七分か八分といった咲き具合でした。

 明けた週の前半くらいまでは、目黒川の桜を楽しめそうですね。

 

広告

つるべおとし

もう10月も中旬ですから、当たり前のことかも知れませんが、日が暮れるのが随分早くなりましたね。

早いばかりでなく、速くも感じます。

夕空に空色が消えたと思ったら、直ぐに真っ暗になる感じですね。

気温はまだまだ暖かですが、そのうち冬になってしまうのでしょうか。

一段落?

台風やら何やらの大雨が各地の畑作に打撃を与えたとかで、ここ何週間かは野菜の値段が随分と上がっていましたね。

お蔭で、うちでは少し偏った食事となっていました。

(と言うのも、高い食材は買わないというポリシーがあるからです。)

この高騰期もようやく終息に向かっているようで、ここ数日は新鮮な野菜を口にすることが出来るようになりました。

今日などは、ピーコックで水菜が108円で売っていましたよ。

このまま天候が落ち着いてくれるといいのですけれどもね。

珍客

昨日、太太が奥沢でレタスを買って来ました。

今日、朝ご飯の準備をしていると、葉っぱの間から小さないも虫が出てきたそうです。

太太は虫が苦手ですから、この珍客の接待は私が担当しなければなりません。

とは言え、うちにいても過ごしにくいことでしょうから、外の植え込みの草の上にご案内しておきましたよ。

レタスほど柔らかくなく、みずみずしさにも欠ける濃い緑の葉っぱは、余りお気に召されなかったらしく、隣の葉っぱ、次の葉っぱと渡り歩いて、しばらくすると見えなくなりました。

今度お見えになる時には蝶々にでもなっているのでしょうかね。

なお、このお客さんの旧居であるレタスは、朝食のサラダとなりました。

美味しくいただくことができましたよ。

蚊の襲来

今日も夜になって蚊が出てきました。

どうやら血を吸う気も満々のようです。

10月も中旬だと言うのに、何だか困りものですね。

十三夜

今日は旧暦の9月13日だそうですから、十三夜ですね。

日が落ちた頃にはお月様の姿も見ることができましたが、しばらくすると酷い雨でお月見どころではなくなりました。

そもそも何だか暖かい日で、蚊もいっぱい出てきましたから、随分驚かされましたよ。

どうも秋が深まっている気がしませんね。

台風15号の横風

 昨日から西日本に甚大な影響を与えていた台風15号が、今日は関東地方を直撃しました。

 被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 私はと言うと、今日は諸事情があって、YBRではないバイクでお出掛けすることになりました。

 餃子会の皆さんはご存知ですが、そのバイクは所謂フルカウル型で、車体がぐるりと風防で被われています。

 これは、高速で移動する上でとても役に立つ工夫なのですけれども、横からの風を受けやすいという欠点があるのです。

 5時台に駒沢通りを下ることになった私は、ちょうど一番の強風にぶつかることになりました。

 時に右から、しばらくすると左から、恐ろしい風の力が、後輪を滑らせ、ハンドルの自由を奪うのです。

 久し振りに随分おっかない思いをしましたよ。

 ところで、九月場所十一日目もなかなかの荒れ模様でしたね。

 琴奨菊・稀勢の里の両関脇の敗退、しかもかなりあっけない敗退には、思わず天を仰いだ方も多かったかも知れません。

 その一方で、初の大関戦で把瑠都関に押し勝った臥牙丸関の奮闘には興奮させられました。

 NHKのTV放送では、東方の藤井アナウンサーが、さりげなく故国グルジアのお母さんの情報をさしはさんでくれて、相撲以外のお話にも関心を広げて下さいました。

(余談ではありますが、幕内昇進前から臥牙丸関に関心を持っている方は、その体格ばかりでなく、関取とご家族のつながりに目を向けてこられたことでしょう。)

 今日、この臥牙丸関と同じ程に強い印象を残したのは、鶴竜関です。

 負けたとは言え、鋭い立会いで横綱を圧倒し、土俵際まで追い詰めた気迫は素晴らしいものでした。

 冴えなかった今場所の成績も、今日の一番でチャラになったとお感じの方も多いのではないでしょうか。

 またまた明日が楽しみですね。

前へ 過去の投稿