この頃びっくりしたニュース

身近なことほど変化に気付かないものなのかも知れません。

今朝、可燃ゴミを出しに出掛けて、はじめて下のフロアの方がいなくなっていることに気付きました。

先日お会いしたばかりだと思っていたのに、知らぬ間にお引越しをしていたのですね。

最近バタバタと慌ただしく過ごしていたせいで、荷物の搬出にすら気が付きませんでしたよ。

身近なことだのに、まるで気が付かないでいたことと言えば、奥沢の「ブルーリボン」の閉店が挙げられます。

これもまた、知り合いに言われるまで全く気が付きませんでした。

世間的にはゼリーで知られるお菓子屋さんですが、ウチのお気に入りはシフォン・ケーキでしたね。

カットしたものもいいのですが、ホールで持ち帰って、おうちで気ままにパクリパクリと食べるのが、何とも楽しかったものです。

独特の風味のあるこの柔らかなケーキは、しばらくするとまた食べたくなる不思議な魅力がありました。

経営母体に永田町方面から神風が吹いて、母屋もろともふいに吹き飛ばされたというのがもっぱらの噂ですけれど、街の小さな楽しみにまで、無粋な圧力が影響を及ぼすというのも、何だか少し残念な気がしますね。

広告

「自由が丘とうきゅう」のその後②

 グランド・オープンから二週間程になりますが、いまだに「自由が丘とうきゅう」の新しい名前が覚えられないでいる方は多いのではないでしょうか。

 私など、はじめが「フ」で、二文字目にラ行の何かが来るらしいということくらいしか頭に入っていません。

 2階や3階も、確かに小奇麗にはなりましたが、どこかで見たことのあるようなショップが多いのは少し残念です。

 そんな中でも、歓迎すべきことは幾つかあります。

 例えば、自由が丘にありそうでなかったお店がようやく出店してくれました。

 輸入食材がいっぱい並ぶ「カルディ」です。

 武蔵小山にも中目黒にも武蔵小杉にもあるのに、どういう訳か自由が丘にはありませんでしたでしょう?

 飛び切りのお値打ち品がどこかに隠されているのを探す楽しさが、手軽に自由が丘で味わえるようになったことを喜びたいと思います。

 ところで、「自由が丘とうきゅう」の改装で大きく変化したのはバイク置き場でしょう。

 マリ・クレールの名前の付いている通りの景観を、一番損ねていたのは「とうきゅう」脇の放置自転車でしたが、今度の改装で、随分綺麗に整理されたようです。

 通りにはみ出さないように工夫された自転車置き場が整備されましたからね。

 しかしながら、これに伴って、バイクのお客さんは駐車場所を失うことになりました。

 その救済策なのでしょうか、自由通りに面した駐車場の入り口付近に、新しくバイク用のスペースが用意されるようになりました。

 「臨時」という掲示があるのは少々心配ですが、これからもバイク置き場として存続して下さることを願っていますよ。

謎のマスコット・キャラクターの背中

【これは自由が丘ではありませんが、関東地方のどこかです。】

「自由が丘とうきゅう」のその後

 今日の東京の最高気温は27.6℃だったそうですね。

 暑い上に、湿度も高く、何とも気の休まらない一日でした。

 気がふさがない話題を近所に探すとすれば、そうですね、自由が丘の旧「とうきゅう」の新装開店でしょうか。

 私は用事で行けませんでしたが、買い物に出掛けた太太の話では、破格のオープン記念特価でお客さんをびっくりさせていたとか。

 惜しいことをしました。

 …それはさて置き、直営を食品スーパーだけに絞った新しい「とうきゅう」の出現に、近隣の方は皆さん注目しているはずです。

 スーパー好きの私としては、これまで通りの品揃えと、時々びっくりさせてくれる破格のお買い得商品とを、変わらず提供して下さることを願うばかりです。

押上駅側から見上げたスカイツリー

【先日スカイツリーのすぐそばまで行きましたが、大きさはもとより滞ることなく続く作業の様子に気圧された思いです。】

奥沢ロール

 
 餃子会のメリットの一つに、自由が丘の耳より情報をゲット出来ることがあります。
 
 先々週でしたか、お持ち帰りスウィーツのお話が出た際に、G太太がご紹介下さったのが奥沢ロールでした。
 
 奥沢ロールは、旧ツタヤ自由が丘店の並びの先に比較的最近出来たビルの地下に入っているTOKYO SWEETS FACTORYの看板メニューであることは言うまでもありません。
 
 ただ、ちょっと資本のある法人が、ドンと構えたお店という感じがするものですから、遠目に様子を伺いながら、最近まで何も買わずに過ごしてきたのです。
 
 しかしながら、餃子会のトレンド・リーダーであるG太太のご紹介があった以上、無視することは出来ません。
 
 この週末に太太と一緒に偵察に行ってきましたよ。
 
 奥沢ロールはたっぷりの生クリームをスポンジでたった一巻きしただけの、シンプルで贅沢なロールケーキでした。
 
 軽くてフレッシュなクリームがとても心地よかったですよ。
 
 ただ、食器選びにもう少し慎重になるなら、サロンももっと快適だったに違いないと悔やまれますね。
 
【松の向こうの陰が何の木によるものなのかはもう判然としませんね。】 
 

衾村

 
 目黒区内には現在「衾」という町名はありません。何でもオリンピックの年に呼び名を整理してしまったのだそうです(目黒区ウェブサイト「衾(ふすま)」のページ参照)。そう言えは、大昔に八雲界隈で働いていたという知り合いが、「ふすま」という地名を聞いたことがあると言っていました。思えばこれも半世紀近く前のことで、ちょうどその頃S代表が中国語を学び始めたのでしたね。そう思うと、なかなか感慨深いものがあります。
 

二割五分

 
 昨日は昨日でびっくりしましたが、今日(1月31日・水)はとうとう4月並みの陽気になったそうです。こうなると夏の暑さが心配になりますね。・・・さてさて、どうなることかしら。
 
 先々のことは分からないのが世の常ですが、分かりたいのが人情ですよね。そんな折には神仏だとか魔道奇術に流れてみるのも一興ですけれど、手近なところで手軽に楽しめる占いは、緑道沿いのドラッグストアH店のおみくじマシーンでしょう。風邪薬のコマーシャル・キャラクターである「Mr.コンタック」が関西弁でその日の運勢を占ってくれます。この占いの好いところは、そこそこの確率で大吉を引き当てることが出来ることで、私は過去に8回チャレンジして2度大当たりを出しました。緑道とは反対側の出入り口脇にあるレジ・カウンターにありますから、気が向いたらお試しになってみるといいと思いますよ。